日別アーカイブ: 2016-10-3

もし後遺障害を負ってしまったら

私達は今現在であれば、ある程度生活には不自由の無い状態で毎日を送っているかもしれません。しかし、もし交通事故に遭って、または誰かを巻き込んでしまって、後遺障害を負ってしまった、または誰かに負わせてしまった場合、どのような事態になってしまうのでしょうか。実際のところ、後遺障害はどの部位に出る、というような決めつけはできません。その事故がどのように起こって、どのような被害があったのかという点においてそれは影響されるからです。どのような事故であったか、そしてどのような治療を、事故後どのくらいの期間が経過してから受けたか、という点も影響します。

例えば、事故後は何ともなく、何の体に影響もないと思っていた方がいます。事故には遭いましたが、自分は無傷だと思ったので、病院には行かなかったのです。事故も、示談で済ませてしまいました。しかし、あとになって、脳に損傷を負ったとみられる症状が出るようになりました。脳に損傷を負った場合、言語障害や歩行障害、記憶障害などの症状となって現れることがあります。そこで自分が後遺障害を負っているかもしれない、ということに気付いたのです。もし、もっと早めに気づいていれば…と思ってしまいます。

参照資料【後遺障害の弁護士無料相談【等級認定・賠償金交渉】交通事故はアディーレ法律事務所