「未分類」カテゴリーアーカイブ

命を考えた運転を行う

今まで何ら不自由を感じずに暮らせていたのに、ある時から暮らしが一変、歩くのもままならない、という状況になることがあります。今まで行っていた仕事が行えなくなったり、持っていた夢をあきらめなければならなくなることもあります。これは、事故に巻き込まれることによって私達自身が負う可能性もありますし、もちろん、それは避けたい、と考えています。同時に、私達が事故を引き起こすことによって、それを誰かに負わせてしまう、とも思わなければなりません。そのくらい、私達は自分の運転に関して、慎重であるべきなのです。運転には、一瞬の判断が求められます。その判断を間違えると、大変な事態になることがあります。車と生身の人間では、耐久力が全く異なっています。ですから、些細なこと、と思わずに、「命を考えた」運転を行うべきである、と言えます。

車が多くの人に用いられるようになってから、いまだに解決していない、交通事故の問題。そしてそれによって後遺障害を負ってしまった人がいる、という事実。そういったことを考えるなら、やはり私たちは自分勝手なハンドルの握り方ではなく、運転手や歩行者も含め、誰にでも安全を主張できるような運転を行いたいものです。

被害者がいるということ

どんな事件にも被害者と加害者がいるように、交通事故という面においても加害者と被害者が存在します。そして、多くの場合は加害者が被害者に対して責任を負わなければなりません。本来であれば歩行者に過失が認められる場合でも、現行の法律上、それによって運転手の責任がゼロになるということは、非常に難しいのです。ですから、そういった事態が発生したことによって、ほぼ必ずと言ってよいほど、責任を負わなければならない機会が来る、ということが分かります。

しかし、本当の問題点はそこではありません。責任を負うかどうか、という点ではなく、私たちは、自分の愚かな運転によって、そのように誰かの人生を180度、しかも悪い方向に変えてしまうような事態になる「可能性がある」、ということです。普段は自分のことだけ考えて運転していた、そのつけが、周ってくる可能性があるのです。自分は事故を起こしたことが無いから大丈夫、運転もうまいと自負しているから大丈夫、ゴールド免許だから大丈夫、というような過信を抱いていると、周りのことが見えなくなって、安全、という点が住みに追いやられてしまう可能性があります。だからこそ、私達はこれについて、もう一度考えてみるべきなのです。

もし後遺障害を負ってしまったら

私達は今現在であれば、ある程度生活には不自由の無い状態で毎日を送っているかもしれません。しかし、もし交通事故に遭って、または誰かを巻き込んでしまって、後遺障害を負ってしまった、または誰かに負わせてしまった場合、どのような事態になってしまうのでしょうか。実際のところ、後遺障害はどの部位に出る、というような決めつけはできません。その事故がどのように起こって、どのような被害があったのかという点においてそれは影響されるからです。どのような事故であったか、そしてどのような治療を、事故後どのくらいの期間が経過してから受けたか、という点も影響します。

例えば、事故後は何ともなく、何の体に影響もないと思っていた方がいます。事故には遭いましたが、自分は無傷だと思ったので、病院には行かなかったのです。事故も、示談で済ませてしまいました。しかし、あとになって、脳に損傷を負ったとみられる症状が出るようになりました。脳に損傷を負った場合、言語障害や歩行障害、記憶障害などの症状となって現れることがあります。そこで自分が後遺障害を負っているかもしれない、ということに気付いたのです。もし、もっと早めに気づいていれば…と思ってしまいます。

参照資料【後遺障害の弁護士無料相談【等級認定・賠償金交渉】交通事故はアディーレ法律事務所

後遺障害と保障制度

社会の保障制度というものは、ある意味で私達を助けるものとなります。それに関する恩恵にあずかったことが無ければまだ理解できることも少ないですが、その恩恵にあずかって初めて理解できるようなこともあります。それが無ければ、いわゆる苦しんでいる人たちが今までと同じような生活を強制されるようなものになってしまう可能性もあるのですから、やはりその制度の大切さが分かります。

私達は普段生活していて、そのような場面を想像することはあまりないかもしれません。しかし、実際のところ何らかの原因によって、苦しみながら、かなりの不自由を感じながら生活を行っておられる方は少なくありません。そういった方々も恩恵を受けることができるのが、社会の保障制度なのです。私達はそれらを理解することによって、より自分たちがどのような生活を送ることができるのか、そして今後をどのように考えていくことができるのか、という点などについて改めて考えることができるかもしれません。

いわゆる生活が不自由になる状態、それはいわゆる障害のような状態を指すかもしれません。そしてそれが、何らかの外的要因であることもあります。その理由の一つが、『後遺障害』です。いわゆる後遺症というものとほぼ同じと思っていただいて構いませんが、主に後遺障害とは、自動車の運転において、事故などの理由で体に何らかの障害を負ってしまった状態の事を指します。それによって、生活に支障をきたしているのです。