命を考えた運転を行う

今まで何ら不自由を感じずに暮らせていたのに、ある時から暮らしが一変、歩くのもままならない、という状況になることがあります。今まで行っていた仕事が行えなくなったり、持っていた夢をあきらめなければならなくなることもあります。これは、事故に巻き込まれることによって私達自身が負う可能性もありますし、もちろん、それは避けたい、と考えています。同時に、私達が事故を引き起こすことによって、それを誰かに負わせてしまう、とも思わなければなりません。そのくらい、私達は自分の運転に関して、慎重であるべきなのです。運転には、一瞬の判断が求められます。その判断を間違えると、大変な事態になることがあります。車と生身の人間では、耐久力が全く異なっています。ですから、些細なこと、と思わずに、「命を考えた」運転を行うべきである、と言えます。

車が多くの人に用いられるようになってから、いまだに解決していない、交通事故の問題。そしてそれによって後遺障害を負ってしまった人がいる、という事実。そういったことを考えるなら、やはり私たちは自分勝手なハンドルの握り方ではなく、運転手や歩行者も含め、誰にでも安全を主張できるような運転を行いたいものです。